理想の流儀を診断する一瞬

自分のウエイトが多すぎるか、ちょうどいいかをわかるために、スタンス診療を受けたいという個人がいます。ボディーがウエイトを減らせばスリムになって、外観が美しくなるだろうという意見もありますが、きれいなスタンスは細くなることと同等ではないといえるのではないでしょうか。くびれといった膨らみの減り張りや、身長とのプロポーション、顔つきや肩などの各パーツの割合も大事です。何を基準にスタンスを診療すればいいのでしょう。本当はスタンスの美しさを診療できる、明確な基準はありません。時代の道徳心や分野を通じて違いがあるのが、理想のスタンスの要件が何なのかということです。現在の日本の女性は、細身を極上スタンスとする傾向が強いようです。最近では、教え子のレベルウエイトが往年最小限とも言われており、華奢ブームは上がるばかりです。逆に外国では、スタンスの診療がレディースの美しさはデブさが良いという基準でされているそうです。日本の極上スタンスとして好まれるのは、パタン並みの細さだ。ただ、男性がレディースのスタンスに待ち焦がれるのは、スリムなだけではなく、適度にメリハリがあるスタンスだという追及収益もあります。低ウエイトで医学的には健康に泣き所があるとも、極上スタンスのウエイトは言われているようです。最近では、ウエスト、身長、スリーボリュームなどから割り出した一定のプロポーションで、極上スタンスを診断するという意見もあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ