レプチンと満腹感がダイエットをすることで

レプチンと満腹感が、ダイエットをすることで、リバウンドを促してきます。ダイエットを行うと、満腹感の感じ方にも変化が出てきます。脂肪細胞が脂肪を吸収するとレプチンがつくられ、脳にある満腹中枢に信号を送り出します。ダイエットをして食事量を減らすと、レプチンの分泌量も減ってしまうため、満腹になる感覚が薄くなり、つい食べてしまったりという事がおきます。その為、リバウンドしやすくなってしまうのです。ダイエットとは、突き詰めれば、カロリーの消費と供給のつり合いです。消費カロリー量がホメオスタシスの効果で減少している時に食事をすれば、余剰カロリーが出て体重は増えます。レプチンの分泌量が減って、満腹になりにくいとつい食べ過ぎてカロリー過剰になってしまいます。使うカロリーと、取り入れるカロリーのバランスが悪ければ、リバウンドの原因になってしまいます。停滞期に入っても最低1ヶ月はダイエットを継続すると、リバウンドを避けられる事ができます。そして、早くこの停滞期から脱出する為には、運動が有効です。積極的に体を動かし、筋肉をつけることで、基礎代謝がアップします。ダイエット時のリバウンド対策に、運動を組み入れることがおすすめです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ